マガジン

増悪は増悪によって止むことはなく、愛によってのみ止む

2022年04月13日
コラム


 
 
 
 
ウクライナの首都キーウ近郊で民間人とみられる多数の遺体が見つかったことで、
国際社会ではロシアやロシア軍の責任を追及する声が高まっています。
 
これらの映像や写真はかなり衝撃的なものでした。
今回アメリカはロシア軍に対してかなり厳しく批判し「戦争犯罪」だとしています。
 
しかし、私は思うのです。
 
先の大戦時、日本は民間人が日本国内で50万人も亡くなりました。
広島の原爆投下で14万人、東京大空襲で10万人、沖縄で9.4万人、
長崎原爆投下で7.4万人の方々が亡くなっているのです。
 
世界では、中国・ソ連・ポーランドで500万人〜1000万人もの民間人が犠牲になっています。
過去にこれだけの民間人が戦争で犠牲になっているのに、どうして人は同じ過ちを犯すのでしょうか。
 
我々日本人は広島・長崎でのあの悲惨な町の様子を知っています。
しかしながら、アメリカは原爆投下に対して今でも半数以上の国民は「正当化出来る」としています。
 
真珠湾攻撃した日本軍の残虐行為に対して今でも敵国なのだろうか?
 
原爆投下で戦争を早く終わらせる事が出来たと、そう思っている人や世論が半数以上を占めている。
 
ならなぜ広島投下後の3日後に長崎に2回目の原爆投下をする必要があったのか。
それも何の警告もせず。
これこそ「戦争犯罪」だと私は思っています。
 
一度戦争が始まれば「戦争犯罪」は起きるもの、そしてそれが戦争犯罪だとしても、
何か理由付けて正当化し、決して非を認めない。
 
それは、戦争とは人が人を殺す行為だから。
 
増悪はさらに大きくなり、未来にその種を残す事にならない事を祈ります。
間違ってもこの状況がこれ以上悪くならないように。
 
早くこの戦争が終わってほしい。
 
 
 
 
 
 
 

一覧に戻る

製品情報

  • カミデンコちゃんのWEB展示会
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • LINEスタンプ
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • 人材募集中