マガジン

実力以上の幸運は、天が人を釣り上げる為の餌でなければ、人の世の落とし穴

2021年08月18日
コラム


 
 
 

「実力以上の幸運は、天が人を釣り上げる為の餌でなければ、人の世の落とし穴」

 
 
 

私の趣味のひとつにゴルフがあります。
以前にもコラムで書いた事がありますので、ご存知の方もおられるでしょう。
 
そのゴルフの調子がいいんです。
調子がいいと言うより、運がいいんです。
 
元々練習があまり好きじゃない方で、頻繁に練習をする時でも週に2回程度、
会社の帰りに打ちっぱなしに行くくらい。
そこで70球の1籠を打って終わり。
ラウンドは2週間に一度程度。
 
こうやって書くと、結構行ってるじゃない?って思われがちですが、
競技ゴルフをやってる人から見たら、全くと言う程じゃないでしょうか。
 
コロナ禍の中にあってもゴルフは別らしく、どこのゴルフ場も大繁盛。
特に夏場は早朝スルーが人気だそうです。
 
私は毎年自分の実力を試すため、アマチュアの大会に出ているんですが、
今年も25歳以上が出場できる大会にエントリーしました。
 
還暦を迎えた私にとって、この大会に出場される方々はほぼ年下。
55歳から出場できるシニアにはまだまだ出たくありません。
 
「自分はまだ若い。シニアっておじいさん?」
そう思ってますから。
 
でも、現実は厳しいです。
もう何年も参加していますが、一度も予選を通過した事がありません。
飛距離と体力は年々落ちてくるし、何より練習嫌いですしね。
 
それに、みなさん時間があるのか、ゴルフ熱が出てきたのか分かりませんが、例年より参加者が多い。
 
ところが、今年は予選を通過できたんです。
 
この歳でまさかです。
運しかありません。
 
その日は雨と風 雨も時折強く降ったりして、みなさんスコアを落とす中、
私はあまり変わらずいつものスコア。
特別良くも悪くもありません。
 
ホールアウト後アテストしスコア提出。
すると、地区決勝大会の案内を渡されるじゃないですか。
 
「えっ!これは?」
「地区決勝大会の案内です。参加意思はありますか?」
「予選通過できそうなんですか?!」
そう聞き返すと、
 
「はい、上位ですよ。」
 
「ほんとですか!勿論出ます!」
 
その後何組かホールアウトされ、順位は少し下がったんですが、無事に通過できました。
 
少しして、地区決勝の案内を見直すと

「え—、どうしよう」
 
ちょっと困った事が…。 
 
 
(次月号に続きます)

一覧に戻る

製品情報

  • LINEスタンプ
  • 人材募集中
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151