マガジン

【今さら聞けない】ACアダプタ主要部品 フォトカプラ編

2021年04月14日
技術ネタ

 
 

ACアダプタ主要部品 フォトカプラ編

 

今回はフォトカプラについて紹介いたします。

 
 

 
 

フォトカプラは他の電子部品とは異なり、光を媒体として信号を伝達します。
フォトカプラの内部には、電気を光に変換する発光素子(主にLED)と、
受けた光を再び電気に変換する受光素子(フォトトランジスタ等)があり、
その2素子間で光を使って信号を伝達します。
互いに電気的な接続がないため、絶縁状態を保ったまま信号伝達が可能です。

 
 

 
 

スイッチングACアダプタは、2次側出力の電圧が常に一定になる様に、
2次側出力を監視・伝達する制御回路によってコントロールされますが、
その2次側の出力情報を1次側に伝達する手段として、フォトカプラが用いられます。

 
 

 
 

上図ではスイッチング回路での使われ方を例に挙げましたが、
フォトカプラを用いて2次側-1次側間の電気的な接続を無くせば、
絶縁による安全性が高いだけでなく、ノイズが伝達される事も無くなりますので、
多様な電源で重宝されます。

 
 

フォトカプラは絶縁しながら信号を伝達し、トランスは絶縁しながらエネルギーを伝達します。
どちらも電源に於いて重要な絶縁の要となります。
弊社では絶縁性を重視した安心・安全のトランスを提供させていただきます。

 
  
 

一覧に戻る

製品情報

  • LINEスタンプ
  • 人材募集中
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151