マガジン

中国は空いてます

2020年04月15日
コラム

 

 

新型コロナの感染拡大で、日本全国自粛ムードとなっていますね。

 

そんな中、外でするキャンプが人気だとか。
ゴルフも、会社の大きなコンペなどはほとんど予約が入らない様ですが、季節柄ゴルフ場はかなり混んでいるみたいです。

 

先日私もいつもの仲間とゴルフをしていて、プレー終了後にお風呂に入ろうと風呂場へ向かってビックリ!

 

誰もいません。

 

アレ?コロナの影響で閉めているのかな?

 

そう思いましたが、奥のほうで人の気配がしたので声を掛けてみた。

 

「すいませ~ん!お風呂はやってないんですか~」

 

するとしばらくして「はぁ~い」と返事があり、従業員の方が出て来た。

 

「お風呂は閉まってるの?」

 

「いえいえ、やってますよ。皆さんお風呂に入らず帰られるみたいで、誰もいませんけど。」

 

やっぱりコロナの影響か。

 

でもある意味、「誰もいない」なら感染リスクも無いやん!

 

これはチャンス、とばかりに大きなお風呂を独り占めにして来ました。
誰もいないせいか、湯船のお湯は熱かったですけどね。

 

ゴルフ場のお風呂に人がいない光景は初めてだったなぁ。

 

後で調べたら、脱衣所の籠や洗い場なんかでも
感染の可能性があるので、基本的に入浴はしない方が良いとの事。

 

確かにそうですね。これからは入浴はやめておきます。

 

ゴルフについては、屋外だし、緑に囲まれて運動できるし、1人で車で移動すれば3密もないし、いいと思うんですが…。

 

ただ不要不急の外出になっちゃうんで、やはり自粛ですかね。

 

当社のマレーシア工場は先月から政府の要請で「ロックダウン」されていて、駐在の日本人も自宅でテレワーク中です。
しかしその中にはたまたまマレーシアに出張中の社員もいて、思うように仕事が出来なくて困っています。

 

 

 

現地では、外出できるのは生活必需品の購入時のみで、各家庭に1人が近場に限り短時間で、と制限があるようです。
しかも何とコンドミニアム(私有地)の敷地内ですらジョギング禁止!
なんだそうです。

 

市内には警察官だけでなく軍隊も出ていて、主要道路での検問があり、
不要不急の外出を厳しく取締っているようです。
日本と違って違反者は拘束され、罰金か実刑、もしくはその両方の可能性があるそうです。
実際にかなりの人が検挙されているというニュースが出ていました。

 

更にお隣のシンガポールも、4月7日より「サーキットブレーカー」(遮断措置)が発令され、
大半の職場・学校を閉鎖しました。
弊社の事務所も閉鎖し、テレワーク中です。

 

 

幸いにインドネシアは今のところロックダウンやサーキットブレーカー並みの
厳しい措置はなさそうですが、日本的な要請はありそうな感じです。
今、やっと稼動し始めた新工場や中国からの移管も進んでいるこの時に休業となれば、かなりの打撃となります。

 

ただ、中国工場が再開してからは順調に回復し、100%の稼動をしており、更に余力もあるとの事。
それが救いかなと思っています。

 

とにかくまずは人の命を優先に考える事。

 

そうしないと、このウィルスには打ち勝てないんじゃないでしょうか。

 

自宅待機やテレワークの時間が増えるけど、
その時間を使って「今しかできない事」「この時間を活かせる事」を考え、
終息したらスタートダッシュでV字回復できるよう備えます。

 

あ!それと、弊社公式インスタグラムも始めましたので、是非チェックをお願い致します!

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

製品情報

  • LINEスタンプ
  • 人材募集中
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151