マガジン

結果はすぐには

2018年05月23日
コラム

 

column_title_spring

 

 

 

 

「連休はどう過ごしましたか?」
ゴールデンウイーク明けの5月7日はこの挨拶から会話が始まる。

 

日本の一大イベント?なのだろう。特に今年は当社も4月28日から5月6日まで、
途中の有給奨励日に有給を使えばなんと!
9連休!!
と長~い、まさにゴールデンウイークとなった事もあって、私自身、朝の挨拶に
「どっか行った?」
ってみんなに聞いていた。

 

私はゴールデンウイークは主に“田植え”を含む農作業と決めている。
決めているというかそうなっている。といったほうが正解だ。

 

皆さんは私が農業?と思われるかも知れないが、
仕事がどんなに忙しくても5月の連休は田植えをする事に必然的にそうなっている。

 

大学を卒業しUターンで実家に戻ってきてからずっと農業を手伝ってきた。兼業農家というヤツ。
最近までは父が主にしていて、私は忙しい人手のいる田植えや稲刈りを手伝っていたんだけど、
昨年父が運転免許証を返納してから立場が逆転、今年から私が主にやることになったのだ。

 

これが一人でやるとなると大変。
一人だから適当に時間調整してあとは今まで通りのゴルフに行こうと思っていたんだけど、
今回も9日も休みがあるし2日か3日間はゴルフしても全然大丈夫~
って、考えてたんだけどとんでもなかった。

 

時間が足りない! ゴルフいけない!
今年は誰の助けも受けず一人でやろうと決めて、昨年の稲刈後から家族の手伝いもなく
一人でやってきたのだけれど、しんどい!

 

 

稲刈(収穫)後 藁のすき込み(トラクター作業)

肥料の施肥

3回の田起し深さを変えて(トラクター作業)

水路の掃除

代かき(田植え準備)

田植え

農薬散布

 

 

今年はここまでやったのだけれど、これからが農業で一番しんどいと言われている“草刈作業”
が始まるんですね~

 

こんな性格だから(どんな性格?)父に教えてもらう事はせず、
自分で一からすべてやってみたかった事もあって、
ネットや本で調べ近所の農家の人に聞きに行ったりしてやっている。

 

特に田植えなんかは家族総出でわいわいやる感じで、
楽しそうに作業している周りの人達を尻目に
今年は1人で、家族からの手伝いの申し出も断りやってみた。

 

誰にも気遣い必要なし。好きなようにでき、その代わりに結果は自己責任。収穫量に表れる。
それもたった4ヶ月程でだ!

 

1人で苦労して植えた田んぼは、
最初ヒョロヒョロの苗だったものが少しずつしっかりしてくるのを見ると、
楽しい!し、うれしい!
仕事もすぐに結果が出れば次の手・次の手って出来るんだけど...
ただ仕事は自己責任では済まされないし、難しい。

 

 

 

今月16日より当社では大きな人事異動を行った。
とんでもなく早いスピードで変化していくビジネス環境に対応できる様
今考えられるベストとしたつもり。

 

特に今回は“現状維持は後退と同じ。自ら考え行動する。出来る”をテーマにした。
目先の数字だけにとらわれず、5年先を見据えた行動をとってもらいたいと思っている。

 

 

さて、植えたての田んぼの様にしっかり根を挿し、大きく育って収穫させてくれるだろうか。
とてもワクワクしている。

 

 

一覧に戻る

製品情報

  • 人材募集中
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151