マガジン

仕事とゴルフでやる事は反対

2017年02月15日
コラム

 

column_title_winter201702

 

リスクマネジメントに関してのお話です。

 

これから起こるであろう様々な問題に対応する為、
皆さんの会社でも事前に対策を取られている事かと思います。

 

確実に発生するであろう南海・東南海地震。
これらについても危機管理も含めてしっかりした対策を取らなければ、
企業として大きなダメージを受けるだけでなく、生き残っていけなくなる事も考えられます。

 

世の中の出来事は、あたかも偶然起きている様に見えるが全ては必然で、
自分が成功すれば「ラッキー」、失敗すれば「運が悪い」ではなく成功も失敗も必然。
前もって対策すれば失敗も最小限のダメージに抑えられる、
と言うのがリスクマネージメントの考え方です。

 

それをゴルフに当てはめると、
「まだ打っていないショットに対してミスのイメージを持ち、
左脳で理論的・論理的に考えてプレーする」事になります。

 

例えば左は林でOB、右は池、「じゃあどこへ打てばいいの?」ってなっちゃうわけです。

 

ですからゴルフでは、左脳はシャットダウンし、右脳を働かせてイメージや感性で
「良い事だけを考えてプレショットルーティーン」をして打つ、
これが一番です。

 

でも失敗しますよね。
そういう時は「ポストショットルーティーン」

 

さっきしたミスショットが無かった事のように良いイメージで一回素振りし、
上を向いて歩く。

 

良い時は「よし」ってつぶやいて成功体験を自信にする。

 

ゴルフは良いショットも悪いショットも仕事と反対って事でやれば
ストレスも溜まりません。

 

「目の前の一打に集中する」って事です。

 

あと、ゴルフにアンラッキーはありません。
「自分がそこに打っただけ」ですから。

 

ん?
って事はリスクマネジメントしなきゃ?

 

仕事もゴルフも一緒って事なのかな?

 

わかんなくなってきた。

 

一覧に戻る

製品情報

  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151