マガジン

【番外編】今さら聞けない「トランス」とは何? 超初心者向けVol.3

2019年09月18日
技術ネタ

 

「数千ボルトの高圧電流が・・・」
TVショッピングのCMを聞いたときに、「はて?」と首をかしげてしまいました。
どんな製品のCMであったかは忘れてしまったのですけど・・(最近物忘れがヒドイ・・)
フレーズはしっかり覚えていて、「高圧電流」という表現に引っかかってしまいました。
この表現は電気学的には誤りです。

 

 

今回はトランスのもう一つの働き「変圧」についてお話ししますが、その前に
電気の基礎である「電圧」と「電流」について少し説明します。

 

 

電圧とは「電気を送り出すのに必要な力」のことで単位は「V:ボルト」です。
一方電流とは「実際に流れている電気の量」のことで単位は「A:アンペア」です。
子供の時によく遊んだ筒型の水鉄砲に例えて説明してみます。

 

 

 

tech201910_1

 
電気製品も動作させるのに適切な電圧と電流が製品ごとに決められています。
電圧が低いと動作せず、高いと製品を壊してしまいます。

 

 

適切な電圧に変換するために必要な部品がトランスで、この動作を「変圧」といいます。
トランスは2つのコイル間で電力の伝達を行います。コイルの巻き数比に応じて
任意に電圧を変換することが出来ます。例えば1次コイルと2次コイルの巻き数比が
10対1である時、1次側に100Vを入力すると2次側に10Vが出力されます。

 

 

 

tech201910_2

 

 

 

電源には電気製品を動かすのに必要な電気を取り出す働きがあるとお伝えしました。
この時に変圧も行って、製品に適した電圧の電源を設計することができます。
トランスは1台で何役もこなす優れた部品なのです。

 

 

 

 

次回は電源の働きについて、もう少し詳しく説明しようと思います。

 

一覧に戻る

製品情報

  • 人材募集中
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151