マガジン

自前か委託か

2019年07月18日
コラム

column_title2_summer

 

 

 

最近、あちこちでよく「人出不足」という言葉を耳にするようになりました。

 

以前から業種や仕事内容によっては思うような人が来てくれないことはあったけれど、
こんなに集まらないのも初めての経験です。

 

今、弊社では思いがけない受注があり、またインドネシアの新工場完成間近などが重なって、
製造従業員と工場技術系の従業員を募集しています。

 

しかしこれが応募すら全く無い状態。

 

ハローワークはもちろんの事、ネット系求人広告にも掲載しているのですが、かなり苦戦しています。
そこで、製造に関しては業務委託や請負、派遣の会社にお願いして何とか乗り切ろうかと考えています。
あと問題は技術系のほうなんですけれど…

 

 

 

先日ラウンドしたゴルフコースでのこと。
新調したアイアンの調子が良く、ほとんどがパーオンしていた前半の上がりホールで、
その日初めてバンカーにつかまりました。

 

「よし。ここは寄せワンで、前半パープレーで!」
と意気込んでバンカーに入ろうとした瞬間…

 

「えっ!何これ!?」

 

一瞬OBかなと思うほど荒れたバンカー。

 

こういう志向で作られたバンカーかとも考えましたが、どうも様子が違う。

 

ぺんぺん草があちこちに生えていて、排水溝も丸出し。
砂を整備した跡もほとんど無いし、それよりバンカーなのにほとんど砂が無くカチカチの状態で、
全くコース管理がされていないバンカーでした。

 

数年前に大雨警報が出た直後にラウンドした事があって、その時も砂がほとんど流されていて
今回みたいに排水溝と底が見えた状態だったけれど、それ以来の砂無しバンカー。

 

結局そこで2打余計にたたいてしまいました。(ただ下手なだけでしたけどね。)

 

ちなみにこのコースは36ホールあり、今回ラウンドした反対側のコースでは
3ヶ月先にプロのトーナメントを開催予定なんですって。
(じゃ今回はハズレのコースだったって事??)

 

そういえば先日メンバーコースのミーティングで、費用の関係からコース管理を外部委託する
ゴルフ場が増えているという話を聞いたことを思い出しました。

 

そのコース支配人が言うには、高額なわりに隅々までキッチリ管理しない業者が多いらしい。

 

その支配人は
「当クラブは自前の管理なので、隅々までしっかりとやっています。
コースでお気づきの点がありましたら、遠慮なく言ってください。」
と自信満々でした。

 

それを言うなら我々の仕事も同じ。
仕事内容によって自前とのすみ分けはちゃんとするべきで、これが後々影響してきます。

 

例のぺんぺん草のゴルフ場は男子・女子とやたらプロのトーナメントを開催しているようで
かなり有名なんだけれど、 会員権の相場が全く上がってこないのはその辺の影響なのかも知れません。

 

何でも合理化や効率だけではない事を改めて感じました。

 

弊社では設計を伴わない仕事はお受けしていません。

 

なぜかと言うと見えないところまでしっかり考えて自前で設計し、責任のあるもの作りをやりたいからです。

 

私たちも、目に見えるところだけじゃなく、
たとえ表に見えないところでも「やるべき事は手を抜かず、しっかりやる」のです。

 

そうそう、ゴルフ場で一番お金が掛かるのはグリーンの管理じゃなく、バンカーの砂代だと言ってました。
雨で流れ、風に飛ばされ、自然と無くなっちゃうので大変らしい。
お客様はグリーンの速さや綺麗さは評価してもバンカーの事は全く言わないそうですが…。

 

という訳で、バンカーにしっかり砂が入っているコースが本当はきちんと管理されているコースなんですって。
そしてそれは経営的にも安心できるそうです。(お金が掛かるからね)

 

もしゴルフ会員権の購入を考えているなら、チェックすべきは「砂」ですね。

 

 

 

 

 

一覧に戻る

製品情報

  • 人材募集中
  • KAMI-SHOP:ショップサイトはこちら
  • メールマガジン配信中!!/TEL:06-6791-8151
  • 東日本地域特約店一覧/TEL:06-6791-8151
  • YouTube動画公開中!!/TEL:06-6791-8151
  • 出張展示会実施中!!/TEL:06-6791-8151